紫根を使った手作りの化粧水で肌が若返る!

江戸時代から使われてきた

アンチエイジングにいい成分がどんどん発見されてきていますよね。紫根は江戸時代からニキビや火傷、湿疹の治療薬として親しまれていました。だから昔の人は紫根が肌にいいことは経験から分かっていたのですが、科学的にどうして肌にいいのかが分かってからはまだ日が浅いんです。紫根が肌に良くてスキンケアにいい成分があるのが確かなんですが、その正体がシコニン誘導体であることも判明しました。それからはどんどんスキンケアの成分として採用されています。

紫根の効果を知りたい!

少しでも若くあり続けたい、エイジングケアを行って見た目年齢を引き下げたい!という人にも紫根エキスはもってこいです。細胞賦活作用があるので、肌のターンオーバーを活性化することで、シミやくすみから守ってくれます。肌がたるんでいる人は皮膚の血行が悪くなっているのですが、血行を促進する効果もあるので嬉しいですね。さらに紫根には殺菌作用と抗炎症作用があるので、肌トラブルから早めに回復できるようになるでしょう。

効果抜群のプチプラ化粧水!?

肌トラブルから回復しやすくなって、アンチエイジングにもいいなんて紫根エキス入りの化粧水が欲しくなりますよね。市販されている化粧水から紫根エキスが配合されているものを買ってもいいですし、自分で手作りしてしまうのもアリです!作り方は紫根の根っこ15グラムを300ccの水で15分煮るだけなのですが、もっと簡単な方法もあります。それは紫根エキスを買って水で薄めることです。100mlの水に紫根エキスをほんの数滴入れるだけでOKです。

品川美容外科の訴訟について詳しく