髪がサラサラな美しい女性になるために?!

シャンプー前のブラッシングは大切?!

シャンプーをする前にブラッシングをすると良いです。ブラッシングにより、髪の絡まりが解消できるので、シャンプーの泡立ちも良くなりますし、髪と髪による摩擦が防げます。絡まったままシャンプーをしてしまうと髪が痛みやすくなってしまうでしょう。また、ブラッシングをすることにより、シャンプーだけでは落としきれない頭皮の汚れやフケが浮き上がるので、シャンプーで洗う時に短時間で、より綺麗に洗い流すことが出来るのです。

シャンプーをする時に気をつけること?!

シャンプーをする時は、頭皮に爪を立てるようにして洗うと、頭皮の表面に傷がつき痒みやフケの原因となるでしょう。指の腹を使うようにして洗うことで、少ない刺激で綺麗に洗い流せます。また、こめかみや襟足のシャンプーは洗い残しが多くなってしまうポイントなので念入りに洗い流すと良いでしょう。トリートメントで髪に潤いを与えて、保湿する場合には毛先に塗るようにします。頭皮にトリートメントが付くと、雑菌の繁殖の原因となるので良くありません。

タオルドライ後のドライヤーは肝心?!

まず洗い終えてからタオルドライをしますよね。タオルドライの時に、髪と髪を擦り合わせるように拭くのは避けましょう。摩擦により絡まりも増えますし、痛みもひどくなります。髪をタオルで挟み優しく叩くようにして水分を取ると良いです。また、タオルドライだけで満足してはいけません。自然乾燥は髪にとても悪い影響を与えてしまいます。水分が蒸発するとともに必要な栄養素も蒸発してしまいます。濡れたままの状態でいると雑菌の繁殖にも繋がり今な臭いの原因となるので、ドライヤーですぐに乾かしましょう。

品川美容外科の起訴まとめサイト